偏差値について・・

偏差値とは?高校の偏差値ランキングが気になる方も大変多いかと思いますが、そもそも偏差値ってどういうものなのでしょう?意外とわかっていそうでわかっていない方も多いと思うのでちょっと考えてみましょう。

偏差値は・・・とまぁここでなにやら難しい計算式を説明するつもりは毛頭ないのですが、どういうことか?っていうと要は試験の何度や平均点はいろいろと変動しやすい要素が沢山ふくまれていますが、偏差値を導入することによって、仮にそのテストの平均点が全く同じテストがあったとしても、各受験者の得点の分布にはばらつきがあるので、そのばらつきを基に偏差値という判断基準で、実力差をはかるというようなイメージです。つまり殆どの人が正解できなかったりするような難しいテストでは平均点が50点として、それなりに簡単なテストで様々な得点をとった人達から成り立つ平均点が50点では意味合いが違ってくるということです。ちなみにこの場合は前者のテストにつちえは1点の重みが非常に重くなったりします。というわけである意味、テストを実施する側の人間たちは単純にテストの平均点を基準にするよりも実力差を測り易いと考えて偏差値をテストに導入して、実力を測る判断基準としているわけです。

とはいえ偏差値はテス受験者の実力をキッチリと測定できて、入試での合格率を測れるか?というとそうでもないようです。あくまで受験時は得点によって結果が決まるので、テストの問題の傾向によっては得点を少しでも多く取ろうとして、時間のかかる問題をみんなが飛ばしたりすることも起こりうることなので、あくまで過去の受験者たちの偏差値を基準にして進学校選びの一つの目安とするのが良いようですね。
posted by 高校の偏差値ランキング情報局 at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 偏差値について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。